自然治癒力回復と、予防兼ねる視力強化サポート! 

色・音曲・香り・
パワーアップM2メガネで
"眼力アップ"
(CD付)「まさひで音楽」入り・
視力表・トレーニングカラー(4枚)
自分で出来る確実なトレーニング 視力セラピー 
40数年間にわたるM2トレーニング実務実績から確立した視力回復法  

パワーアップM2 (エムツー)とは
実用新案 視力回復訓練用メガネでの トレーニングのこと
   いま現在、視力不自由のないでも現実視力低下しい環境にあります。
注意度120パーセント パソコン・スマホ・ゲーム機器・ワープロ・ファミコン・運動不足・・・・・ect・・・
目は脳へ繫がるパワーアップM2メガネ
眼力アップ から 脳力アップ にも 
M2トレーニング用CDリラックスCDが添付(伊豆高原ペンション編、好評の癒し曲入り)
point 眼力とは ただ見えたに限らず見る力・読めるチカラ・見分ける力
見定
める力・探求する目チカラそして理解するパワーアップ。
結果 本嫌い、活字苦手,読み書きが遅い,落ち着かない、スポーツ苦手…など等の人が、
無意識に実感的に、飛躍的に改善された!! 視力覚醒、意欲向上(原因ありて結果あり)
目の活動は、視力改善のみならず心身全体を復活させる事もうなずけます。

 【
集中や身体活動向上に】 
眼力とは、自分自身を復活させるキーポイント!!
目の3っ大切き・視力回復の基礎 遠近(えんきん)輻輳(ふくそう)開散(かいさん) これらを円滑
   パワーアップM2実践
視力回復訓練用メガネ【パワーアップM2V】(実用新案)
40数年間多くの人々が体験その期待に答えた視力回復トレーニング法。
家庭でも随時使用できる、視力回復トレーニングメガネす。
  それは、目心の動きと素早く調和
からだを柔軟にする事は 大切な事 
 (深呼吸)  
 トレーニングする時には
 息を大きく吸って、ゆっくり吐く
 リラックスしてマイペースで

気持ち目の力体の力
 
 
 シッカリ見るハッキリ見える
           目と脳にストレス 
何となく見る
ハッキリ
見えないが
       
気持ちが
 
 
    
 見る事への“くせ”、“コダワリ”!◎貴方のタイプは?
 ◆
見方気持ひとわる
パワアップM2視力回復メガネでのトレーニング実践的体操
(音楽)作用
混合した誰にでも出来る簡単ストレッチ(参考テキストCD音楽入り)付 
poin 日頃見えていたものが、見えたり、見えなかったり、目を細めたりする状態は「仮性近視的」状態、「真正近視」になる一歩手前、
これからメガネをかけるかの瀬戸ぎわ、選択は貴方自身しかいない。自身への現実的試練は、綿密な視力測定
 
 視力測定(コンピューター・その他)で仮性近視(元に戻る)の度合いをご説明致します
添付CD参考に…くのランドルト環(4枚添付)をシッカリ見る先端マークらくに見

   ◆
こだわり・⇒ 心理作用とは  太陽からの色(7色)にも象徴される
 ◆ 長(太陽色調)無意識心身へ強いエネルギー充電を果たしています!
人間のエネルギーの根源は、
太陽
  香り(富良野ラベンダー)  音楽(公日出音楽)、
やすらぎを与える 

日本初の視力回復トレーニングとして紹介意識してM2トレ-ニングの指定4と、先端マークと交互に見
自分の持つ本能の感受性体感!! 
                  
  日本初の視力回復トレーニングとして紹介
(パワーアップ M2-法
(TV画面より)(日本テレビ)
 トレーニングCDと「まさひで音楽」
TVより(色・音
曲・香)!
香りは、ラベンダー
その効果は、テレビ・雑誌にも取り上げられ、
遠くからも訪問、
パワーアップM2法を体験されています
 ワンポイント!  ほんのチョットした体感が視力を変える。 自主体操表があります 家庭でチエック自己管理。(参考にして下さい)

   身体の コリバランスとり体操ラジオ体操と同じ感覚 
背筋を伸ばして、見る物との距離を30cm保つ事を習慣的に出来る様になれば可。
 視力の悪い人はスポーツをしていても身体が硬い人が多いと云われます。
身体のバランスは両目のバランス、硬い筋肉(コリ)を柔軟にする。
身体全体で機能している眼力も、アクティブに !!
 
身をほぐす自分で出来る簡単体操(体操表有り)やって見る価値があり
      
寝る前にパジャマ着での誰にでも簡単にできるリラックス体操です
point
(何も考えず、自分流に頭の中を楽にする事を意識して、ユックリと身体を動かす)。
エネルギー充電で翌日は明るく目がスッキリ!


戻る
             
 ヘルスセラピー 商標登録  視力セラピー・アイメディカル旭川    ❉お問い合わせ下さい  0166(48)3676
(病気等は医師・専門医の診断をお勧めします)