M2三原則法は、M2Vメガネをかけての視力トレーニングで
「色」「香」「曲」の3つの特質(癒しの要素)で、ストレス緩和と解消を目的とします!


いろの効果

色の威力 4枚の色の効果 ( トレーニングカラー) 復法
①・バイオリッシュブルー
紫は仏教の世界では崇高な色とされ、その象徴としてお坊さんの袈裟や着物に用いられています。バイオリッシュブルーは、その紫にブルーを交えた色で、落ち着き・平穏・静寂と気持ちのバランスとやすらぎをあたえてくれます
②・グリーニッシュブルー
緑は心のバランスがくずれた時や不安や焦り、いら立ちを柔らかく静めてくれます。緑はブルーと交わることでグリーニッシュブルーとなり、緊張を発散・リラックスさせ、心身にエネルギーを充電させてくれます。
③・ブルーリッシュグリーン
青にはイライラ感情を抑える鎮静作用があります。青はグリーンと交わることでブルーリッシュグリーンとなり、心にエネルギーを充電させ、諸々の圧力から解放させ、みずみずしい新鮮な感じを湧かせてくれます。
④・イエローリッシュグリーン
黄色は憂鬱な気持ちを晴れやかにしてくれます。黄色はグリーンと交わることでイエローリッシュグリーンとなり、心のつり合いとくつろぎを与えてくれます

 
合掌七福神
(オリジナルマーク)アルジャン
۞太古から伝へられてきた ↮実証!!「の関係」 
                                   「アロマヒ-リングと人
色の効果・・・「ライトトーナス値」


ストレスからの
開放は目の
調節力をも
開放する
「ライトトーナス値」とは、色によって筋肉の緊張、弛緩を数値として表したもので、世界的に標準化されたものです。
その中でもブルー、グリーン、イエローは筋肉が弛緩した数値で表されています。自然療法ではグリーンは眼病、気管支炎、関節炎など毒素排除の刺激促進。ブルーは安らぎと鎮静、頭痛、筋肉のコリ等を取り除く効果があるとされています

7色のチャクラとオーラ(電磁場)

チャクラとはサンスクリット語(古代エジプト語)で「光(色)の環}という意味で、人間本体に宿るエネルギッシュに回転している7つのエネルギーの根源のことです。この7つのチャクラは、独自の光(色)のエネルギーをもつ波数の振動をもって心身を活性化させています。色の波長はオーラ(電磁場)と呼ばれます。例えば、キリスト像や仏像などの背後に見える光の環もオーラと云われ、ラテン語で「空気の光」「微細な光」という意味に翻訳されます。
色の波長はエネルギー7でもあり、光と共に目の網膜を通して生理反応 につながるのです。(文献より)
目によい色のオーラーは脳で感じることにより抑圧を解き‘目や体の緊張’をほぐし目と心のバランスをとり解放的な視力となるヒ-リングカラーとなります

(左図は体内からパワフルに出るオーラ。エネルギーの7色光。M2トレーニン グはこのカラーと交信する。…☆イメージ☆)

チャクラ
人体には、
7つのエネルギー
スポットがある。

(文献より)
色と人体との相対関係
人間の身体は水素、酸素、窒素、炭素、イオウ、リンなど29種類の元素から成り立っていると云われます。これらがエネルギーとして振動を起こし体内のバランスをとり、体外に電磁波(色)として放電されています。これは逆に体内が生命体を維持する為に体外から共振共鳴する有意義な波長を生理的に求めているのです。例えば、私たちは種々の環境の中(気持ちが滅入っている時など)で色を見て心安らぐような場合など、目に入った色が一種の信号のように視神経を通じて脳の中枢にある下垂体・松果体・視床下部一体を刺激してホルモン分泌に影響を与え、生理反応につながるのです。これは、29種類中の一部の元素の振動と色自体が持っている特定の波長・振動が共振共鳴作用しているからだと云われ
色彩は人に対して固有の感情効果・心理効果を与えてくれます。パワーアップM2法は、目の体操をする物理的事実と、無意識に知りとる超感覚生理的事実の中でトレーニングするものです。添付されている4枚の混合色のヒーリン グカラーを用いて、音曲を交えた相乗的トレーニングM2三原則を行うのです。 (色合いは多人数の実際の体験に基ずいて作成したものです。)リラックスして楽しみながら、また自分で工夫しながらのトレーニングもできます。 

  
香りの効果   視力復法
ラベンダーは、何千年もの間、ずっと使用され続けて現代に至っている、といわれる不滅の精油です。
従いまして、すべての精油の中で、最も用途が広いということは疑う余地もありません。(80%以上の人が好むと云われる)
この植物の名前は、ラテン語の「ラワーレ(洗う)」という言葉から由来したもので『キズを洗い清める」 に語源があるようです。アロマテラピーでは、ラベンダーを【心のキズを洗い癒し清める】と解釈する事ができます

ラベンダーの本質…

科目-シソ科 ★陰陽一陽 ★支配星一水星 ★蒸発速度-85 ★匂いの強さ-4
● 特性…リラックス効果をもつエッセンスであることは古代より現代に至るまで万人に認められており、ラベンダーは東洋医学で云う陰陽(天と地)のバランスがよくとれていると言われます。

そして、ラベンダー油の最も大きな特性は、心でも体でも、バランスの失った状態をバランスのとれた元の状態に回復さ せる力があるということです。(アロマテラピー)文献より。
  煩悶・悲哀・怨恨・嫉妬・不満・後悔・劣等感・過度の心配・妄想・焦り・恐怖・雑念と人間には多々の心の葛藤があります。心の歪みと良心とのバランスをいかにとるか、により心模様が変ります
 その手助けをするのがアロマテラピーです。リラックスしながらのヒーリングカラーとテラピーの相乗効果は、
海の底のように穏やかで奥底深い重厚な感覚に浸ることができ、心の豊かさのバランスが整い、心身共に癒され、元来の自分に復帰する事ができます。

      “アロマでリラックスし、心身のバランスをとると云う東洋医学のその歴史からして、
                香りの効果は人間が生理的に求めているものかもしれません。
当所内はお客様にリラックスして頂けます様に芳香効果を施してございます。



 音の効果 ヒーリングミュージック 復法
フーリエのα波の法則「f分の1のゆらぎ」は、人間の五感を通じて情緒的に大なる安らぎを与えるといわれます。
パワーアップM2での音楽は、青緑・紫の中性色をイメージした音曲で、心地よい響きで温厚・安息感そして永遠・神秘性を感じさせるものです。
時間を気にせず瞑想にひたり、ゆったりと聞くのがコツです。除々に音曲の『色』が見えてきます。
(TOTAL TIME・51分04秒・MASAHIDE・MU )
まさひで音楽
伊豆、城が崎海岸の真っ青な海の色、そこには果てしない未来がある。
どこえ行っても脳裏にさまよう永遠の海神。その想いは魂の色にある。


◆静岡新聞ヘリ(上写真)ラジオ、TV、雑誌等で紹介された
伊豆の曲。
「公日出音楽」(まさひでMU)

伊豆の自然を「色」にイメージした【MASAHIDE・MUSIC】(公日出音楽)CDがあります
リフレッシュミュージック

伊豆の風の色を音楽にした“癒しの曲”ともいえます。
伊豆は気功師がすすめる“気”の多い地場。“気”を入れるために四季を通じて多くの気功師が訪れます。
伊豆に住み、自然の“気”と同化した時、その素朴な感性から“気の風色”を音に感じ、鍵盤を叩いたのがこの曲です。

それがまさひで音楽’ダ
「静岡新聞」シリーズ―⑳―
「しずおか音の風景」より
(切り立った海岸線に寄せる青い海。城ケ崎海岸の向こうに広がる伊豆高原、この広大な空間で色を音にイメージした曲。)
MASAHIDE ・MUSIC(まさひで おんがく) 
価格 2,415円(税込)

〈曲名〉
① 神殿 ② 勇気 ③ 時の憂鬱
④ 旅の想い出
⑤ 城ケ崎の海原ブルーイメージ
⑥ 天城の森グリーンイメージ
⑦ 夕焼けレッドイメージ
⑧ 朝もや ⑨ 人形の館
⑩ ふるさと


NHKラジオ全国リレー生放送
(文化の日
)  作曲者 (右)


SBS静岡ラジオ スクーピーより
生放送

  



◆「公日出音楽」記事・曲イメージの景勝地、伊豆城ケ崎海岸、
門脇灯台吊り橋付近(静岡新聞ヘリコプターより
) 作曲中の作者

心が洗われる、と多くの人に言われCD化した“癒しの曲”。
疲れた時、悩んだ時、悲しんだ時、勇気が欲しい時、故郷を思い出す時、
この曲を聞いて下さい。僕もそんな時がありました。 (作曲者 
まさひで)

作曲 佐藤公日出 ・制作 日本コロンビア株式会社 
                    (財)日本ウエルネス協会推薦 
 

上へ