北海道旭川出身 

長勝鋸研ぎ 驚異眼力(超人的視力の秘密)の経歴
一心不乱に独自で学んだ独自の手法、険しい試練を乗り超えたプロの究極の本技
のない鋸研
ぎの名人無限可能性追求
その独自手法はかって「神の目立て」(所ジョージTV)の評もあり民放、NHKTVを始め
日本経済新聞等々各メディアが注目、業界の先駆者として大きく報道された、
既成概念を越えた鋸研ぎ(目立て)のノウハウ、超凄ワザを紹介。自問自答で曰く、
その凄ワザの秘密は鍛錬された能力・眼力からくると…!!

氏は(旭川出身)、(社)日本伝統職人技術文化研究会々員、東京芸術大学非常勤講師
鋸研ぎ(ノコギリとぎ)伝統技術を、国内はじめ
フランス、ドイツ、イギリス、チェコ、ベルギー等…にも出向き海外実技指導

日本の伝統技術は地球を周りに回っ
‥‥。
長津勝一(長勝鋸)番として視力ケアサポートを開始してから約20数年
氏は静岡県伊東市から京都に移住され、その奇才は、才能ある後継者を育成し
歴史を重ねた日本伝統「鋸研ぎ」に更に磨きをかけている。
氏が来旭(旭川市)時には検眼をされに多忙中でも立ち寄られる、
年行事の一つとしている徹底ぶり! 何よりも視力、視覚、眼力の冴えを
本能的に熟知している‥「長勝鋸研ぎ名人」である。

 氏は、この仕事には眼力(がんりき)
が必要である とコメントされた
 鋸研ぎ名人
(のこぎり研ぎ・神の目立て)長勝鋸
氏の視力は平成10年より微々の変化はあったが、
平成10年から現在に至る20数年間は不思議に全く視に変化はない!
オートレフ器機の視力測定数値や実質的な視力測定などの結果である、
勿論専門医にも見てもらっている。氏の、今迄の約20数年間の視力過程を
精査して不思議に思っていた。複雑で多種多様な鋸研ぎ作業は相当に複雑で
きびしく、特に集中力を要する目の酷使は想像以上だとしか思えない。
変化しないこの驚異の視力は一体どうなっているのだろう?
この疑問が強かった
。目力は脳(心)で知的に判断するが、氏のワークはまず確実に
良く見える事のステップが重要
になる。ものが良く見える事。(氏の自慢でもある。)

見えなさにジレンマする年齢を少し越えたが、かえって視力が冴えてくる、
私は40数年間の視力ケアや眼鏡づくりの歴史の中で、これは全くの未経験部分である。

こんな事実を見て、氏の鋸研ぎ(ノコギリとぎ)「神の目立て」(所ジョージ)と「驚異の眼力」
は表裏一体と確信できる。
目で見(眼筋が働く)て、脳(心)で感じ、
行動をするのが視力の概念である。長勝氏はその逆をいく、脳に蓄積された
数知れない鋸研ぎの理論や実体験から得た叡智は、逆に脳(心)から
目を素通りし外へ、更にそこに好奇心の目(天職の心眼)がプラスされる。
まさに
眼力!! 好奇心の目は更にその先が見えてくる…鋭い感性は、
繰り返し々と続く、そして令和の時代へと…
だから、長勝鋸研ぎの日進月歩はとどまる事をしらない



文部科学省教育課程課編集
 文部科学省 中等教育資料
中学校・高等学校の授業研究教育課程の編成・実地のために
特集 各教科等における情報活用能力の育成
教育小景エッセイより

長勝訓 現実に学ばずして真実は見えてこない
鋸研ぎ業 長勝鋸 長津勝一
〒603-8334 京都市北区大将軍西鷹司町23 
974
                          

     
  長勝鋸研ぎ
  驚異の眼力

com
現在は旭川市永山2条7丁目、(有)ヘルスセラピー(セラビーメガネ専門店 視力ケアセラビーアイメディカル
●東洋療法ヘルスセラピー)
視力ケアサポートをしている


ヘルスセラピー(商標登録)