長勝鋸研ぎ 驚異の(驚異的視力の秘密)の経歴
のない鋸研ぎの無限可能性追求
その独自手法は「神の目立て」(所ジョージTV)の評もあり民放、NHKTVを始め
日本経済新聞等々各メディアが注目、業界の先駆者として大きく報道、既成概念を越えた
鋸研ぎ(目立て)の超凄ワザを紹介。自問自答で曰く、
その凄ワザの秘密は鍛錬された眼力からくると…!!

氏は(旭川出身)、(社)日本伝統職人技術文化研究会々員、東京芸術大学非常勤講師。
鋸研ぎ(ノコギリとぎ)伝統技術を、国内はじめ
フランス、ドイツ、イギリス、チェコ、ベルギー等…にも出向き海外実技指導、
日本の伝統技術は地球を周りに回っ
‥‥。
長津勝一(長勝鋸)番として視力ケアサポートを開始してから約20数年
当時、伊豆高原ペンション・ユーカラハウスを母体に眼鏡・視力セラピー等を併設
その都度折々に、氏の眼鏡の調整のため視力検査測定や、眼鏡のかけ具合
見え具合等を相談しつつ、現場での鋸研ぎの仕草や、
さりげない目くばり、動作等を拝見してきた。
(当時、氏は伊東市に在住)
大きな鋸を手元から鋸目の先まで、流れ見定める仕草は真剣勝負に挑む
武士の様に見え、好奇心に満ちたやさしい目付きには迫力があった。

最善の効率から編み出した鋸の様々な刃型や形状は入魂された芸術品に見える!
氏は静岡県伊東市から京都に移住され、その奇才は、才能ある後継者を育成し
歴史を重ねた日本伝統「鋸研ぎ」に更に磨きをかけている。
氏が来旭(旭川市)時には検眼をされに多忙中でも立ち寄られる、
年行事の一つとしている徹底ぶり! 何よりも視力、視覚、眼力の冴えを
本能的に熟知している‥「長勝鋸研ぎ名人」である。


機械研ぎを超える
唯一の職人
     
視力の調整 etc‥
長津勝一氏(ながかつ)、北海道旭川へ、
公用途中時にメガネ調節、視力その後の
調子等伺う、‘視力健在 !
(視力回復セラピーアイメディカル旭川
・セラピーメガネ・テルミン療法、当店にて)

-お世話になっている長津氏(左)とmeー
 NHK・各民放テレビ番組より
長津勝一氏
(国内、海外実技指導)
 
切れなくなった
鋸を蘇らせる
 
真剣に聞く研ぎ方指導
ドイツ
 
研ぎ方指導(チェコにて)
 氏は、この仕事には眼力(がんりき)
が必要である
とコメントされた
 鋸研ぎ名人
(のこぎり研ぎ・神の目立て)
氏の視力は平成10年より微々の変化はあったが、
平成10年から現在に至る20数年間は不思議に全く視に変化はない!
オートレフ器機の視力測定数値や実質的な視力測定などの結果である、
勿論専門医にも見てもらっている。氏の、今迄の約20数年間の視力過程を
精査して不思議に思っていた。複雑で多種多様な鋸研ぎ作業は相当に複雑で
きびしく、特に集中力を要する目の酷使は想像以上だとしか思えない。
変化しないこの驚異の視力は一体どうなっているのだろう?
この疑問が強かった
。目力は脳(心)で知的に判断するが、氏のワークはまず確実に
良く見える事のステップが重要
になる。ものが良く見える事。(氏の自慢でもある。)

見えなさにジレンマする年齢を少し越えたが、かえって視力が冴えてくる、
私は40数年間の視力ケアや眼鏡づくりの歴史の中で、これは全くの未経験部分である。

こんな事実を見て、氏の鋸研ぎ(ノコギリとぎ)「神の目立て」(所ジョージ)と「驚異の眼力」
は表裏一体と確信できる。
目で見(眼筋が働く)て、脳(心)で感じ、
行動をするのが視力の概念である。長勝氏はその逆をいく、脳に蓄積された
数知れない鋸研ぎの理論や実体験から得た叡智は、逆に脳(心)から
目を素通りし外へ、更にそこに好奇心の目(天職の心眼)がプラスされる。
まさに
眼力!! 好奇心の目は更にその先が見えてくる…鋭い感性は、
繰り返し々、続く…‥だから、長勝鋸研ぎの日進月歩は止る事をしらない。


イチロー選手が、自分の意思より先にバットが振らされてヒットやホームラン
が出ると云われたが、全く同じ論理になると思う。

見る事の行為には物理的に目の筋肉に負担が掛かる、目で見ずに
脳で見る事が可能であれば目の筋肉に負担が掛からなく視力は安定する可能性も。
本職として真正面から感じた。
現在、医師の診断結果は眼内・視力共々変わらず異常なし、より魂が詰込められた超人の目!
ただ多忙を極め、東西南北奔走し身体の疲労が重なり、目(身体)への影響も…。
歴史的画期的思考手腕を多く残すために、少しローギァでと思った。
(視力回復セラピー・アイメディカル旭川)佐藤




長津勝一(長勝鋸)の活動 
{匠の祭典}パンフレット
 
からが携わった日本伝統文化を掘り起こし伝統文化世話人として
京都から後世世界げるメッセージ発信

  匠の技を次世代へ、京都伝統文化担いの祭典開催
 技  ●  術  ☆平成28年        第一回 匠の祭典開催
 ☆平成29年9月17日・18日  第二回 匠の祭典開催
 ☆平成30年7月15日・16日  第三回 匠の祭典開催
 ●主催 伝統文化「担い」 世話人 長勝鋸 長勝勝一  共催 京北森林組合
 ●協賛 公益社団法人 竹中大工道具館(神戸市) 医療法人山内診療所(五島市)  公益財団法人五字ケ丘文華財団圓山記念日本工藝美術館(姫路市)  
 ●後援 京都府・京都市・京都府森林組合連合会・削ろう会・(一般社団法人)日本伝統職人技術文化研究会・京都府立北桑田高等学校・
      京都建築専門学校・(株)竹藤商店(亀岡市)
 

文部科学省 本省発刊
文部科学省教育課程課編集
 文部科学省 中等教育資料
中学校・高等学校の授業研究教育課程の編成・実地のために
特集 各教科等における情報活用能力の育成
教育小景エッセイより

現実に学ばずして真実は見えてこない
鋸研ぎ業 長勝鋸 長津勝一
〒603-8334 京都市北区大将軍西鷹司町23 TEL075-468-1974
                                          長津勝一氏の教育理念











     
  長勝鋸研ぎ
  驚異の眼力

com
現在は旭川市永山2条7丁目、(有)ヘルスセラピー(●視力ケアセラピーアイメディカル旭川
ヘルスセラピーメガネ専門 ●東洋療法ヘルスセラピー)
視力ケアサポートをしている


ヘルスセラピー(商標登録)   
七福神ゴルフ